【デジカメ価格比較】Fujifilm富士フイルムFinePix F40fd A8002007年02月05日 23:08


楽天トラベル
楽天カード
Fujifilm富士フイルムFinePix F40fd A800Fujifilm富士フイルムFinePix F40fd
有効画素数830万画素の高画質と、最高ISO2000の高感度をフル画素で実現
・第六世代「スーパーCCDハニカムVI HR」と、「リアルフォトエンジンII」の搭載により、ISO2000の高感度撮影を有効画素数830万画素のフル画素撮影で実現。ノイズを画像信号から分離して排除するダブルノイズリダクション方式を採用し、高感度撮影時でも、ノイズを抑え解像度が高く色再現性に優れた画質を実現。
・カメラが自動で最高撮影感度ISO2000と高速シャッターに設定する「ブレ軽減モード」搭載。手ブレ・被写体ブレを簡単操作で軽減可能。
・撮影シーンの状況を瞬時に認識し、最適な発光量と感度に自動調整し、白とびを防ぐ「iフラッシュ」を搭載。

世界最速の顔検出機能「顔キレイナビ」により、人物をよりキレイに撮影
・独自の超高画質デジタル画像処理ソフトウエア「Image Intelligence(イメージインテリジェンス)」に基づく顔検出技術の IC化を実現。ボタンを押すだけで、顔検出機能「顔キレイナビ」に設定が可能、被写体となっている人物の顔を最短0.05秒で最大10人まで一度に検出。
・検出された人物の顔にピントを合わせ、さらに検出された顔を自動で最適な露出に調整。
・ツーショット、人物が中央に位置していない場合の撮影やガラス越しの撮影時などでもピンボケを防止。
・フラッシュ撮影時、顔の位置を認識し、最適な発光量に自動調整。
・顔部分の拡大表示によるピント確認や、人物の顔を中心としたスライドショー、トリミング、画像回転などが可能。

快適な撮影をサポートする機能が充実
・xD-ピクチャーカードとSDメモリーカードに対応するデュアルスロットを採用。
・見やすい2.5型約23万画素の液晶モニターを搭載。新たに富士フイルム独自開発の「ワイドビューフィルム」を採用した液晶モニターを搭載し、従来機に比べ、上下左右全体の視野角を拡大。中でも上下の視野角を約2割拡大し、モニターの視認性をより一層向上。
・一度シャッターを押すだけで、被写体の背景まで自然に描写できるノンフラッシュ撮影と、被写体を明るく際立たせるフラッシュ撮影を可能とする「高感度2枚撮り」機能を搭載。
・高感度2枚撮り・水中・花火・ビーチ・スノー・夕焼け・美術館・パーティー・花の接写・文字の撮影モードなど15種類のシーンポジション搭載。
・新規GUI搭載。液晶画面にシーンポジションや撮影モードの説明が表示され、簡単に操作が可能。
・30フレーム/秒で音声付きのなめらかな動画撮影機能搭載。
・約25MBの内蔵メモリー搭載。
・ボタン一つで、記録画素数・感度・色調・プリント注文時の枚数設定などが可能な「ファインピックスフォトモード」搭載。
詳細な仕様はコチラから


Fujifilm富士フイルムFinePix F40fd A800Fujifilm富士フイルムFinePix A800
「スーパーCCDハニカム HR」搭載で高画質撮影が楽しめる
・「スーパーCCDハニカム HR」搭載により、有効画素数830万画素の高画質撮影が可能。
・撮影感度はAUTO、ISO100、200、400、800に設定可能。

光学3倍ズーム・2.5型液晶モニター・簡単モードダイヤル搭載
・フジノン光学式3倍ズームレンズを搭載し、約6.9倍のデジタルズームと合わせ最大約20.7倍までズーム可能。
・晴天下などで反射を防ぎ、見やすさを向上させる特殊コーティングを施した、2.5型液晶モニター搭載。

撮影をより楽しく、より簡単にする充実の機能を搭載
・最新の高速赤外線通信機能(IrSimple)を搭載。この機能を搭載した「FinePix」シリーズや携帯電話と簡単に画像交換ができるほか、ケータイプリンタ「Pivi」(MP-300)や高速赤外線通信(IrSimple)対応の店頭デジカメプリントサービス機「プリンチャオEx」にも画像送信が可能。
・新規GUI搭載。液晶画面にシーンポジションや撮影モードの説明が表示され、デジタルカメラ初心者でも簡単に操作が可能。
・AUTOに加え、ベビー・人物・風景・スポーツ・夜景などシーンに合わせた多彩な撮影モードを搭載。
・30フレーム/秒の動画撮影機能搭載(音声付き)。
・約10MBの内蔵メモリー搭載で、メモリーカードを入れ忘れたり、空き容量がなくなってしまっても、8メガNモード時で4枚まで撮影可能。
・単3形ニッケル水素電池のほか、単3形アルカリ乾電池に対応しており、外出時にもバッテリー切れを気にせず撮影可能。単3形ニッケル水素電池使用時には約350枚、同梱の単3形アルカリ乾電池使用時には約100枚の撮影枚数を実現(CIPA規格)。
・付属の専用A/Vケーブルを使い、撮影した画像をテレビに映して閲覧可能。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://onering.asablo.jp/blog/2007/02/05/1166036/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。