【ビデオカメラ価格比較】SONYソニーDCR-DVD508、DCR-HC48 SD録画対応のDVDカム/DVカム2007年01月29日 22:38


楽天トラベル
楽天カード
SONYソニーDCR-DVD508、DCR-HC48SONYソニーDCR-DVD508
新「クリアビッドCMOSセンサー」を搭載した高画質のDVDモデル
さらに進化した新「クリアビッドCMOSセンサー」の搭載で、高画質映像と最大610万画素の静止画記録を実現。

光学式手ブレ補正機能を搭載
 手ブレ補正機能には、光学式手振れ補正機能を搭載。手ブレによる映像の乱れが発生しやすい望遠撮影中や暗い場所でも、ブレの少ない映像を撮影することができます。

選べる4種類の8cmDVDに対応。使いやすさも抜群。
記録ディスクとしては、DVD-R/-RW/+RW/+R DLの4種類に対応。DVD+R DL(2層片面)使用時には、最長約110分の撮影が可能です。2.7型のワイド液晶パネルを採用。タッチパネルでかんたん迷わず操作。液晶画面の横のボタン操作で、しゃがむことなく、お子様目線でらくらく撮影。シンプルボタンを押せば、オート設定で安心操作。ビデオとカメラの1台2役ですから610万画素静止画はもちろん、ビデオ撮影中にシャッターを切っても460万画素相当の静止画同時記録ができます。

イメージセンサー:1/2.9型クリアビッドCMOSセンサー
総画素数:最大610万画素相当
有効画素数:[動画]228万画素(16:9時)/171万画素(4:3時)、[静止画]228万画素(16:9時)/304万画素(4:3時)
映像記録:MPEG2
レンズ(35mm換算):動画/f=40~400mm(16:9時) 49~490mm(4:3時)、静止画/f=40~400mm(16:9時) 37~370mm(4:3時)
フィルター径:37mm
液晶モニター:2.7型(16:9)/21.1万ドットクリアフォト液晶プラス
記録メディア:8cmDVD(DVD-R/+R DL/-RW/+RW)、[静止画のみ]メモリースティックDUO、メモリースティックPRODUO
基本バッテリーシステム:インフォリチウムHシリーズ対応
外形寸法(幅×高さ×奥行):70×87×142mm
本体質量:約510g
詳細な仕様はコチラから

SONYソニーDCR-DVD508、DCR-HC48SONYソニーDCR-HC48
●携帯に便利なコンパクトボディ
●ズームアップもきれいなまま。ぐっと寄れる光学25倍ズーム
●1/6型総画素107万画素CCD(有効画素:動画69万/静止画100万)
●カール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズ
●16:9での撮影に便利な2.7型ワイド「ハイブリッド液晶」モニター
●画面に触って簡単に操作できる「タッチパネル」
●“スタミナ”最大約10時間連続撮影(別売バッテリーパックNP-FH100使用時)
●充電・接続が簡単にできるハンディカムステーション付属
●ローアングル撮影や自分撮りが無理なくできる液晶ヨコボタン

大きさ:幅63×高さ85×奥行114mm(最大突起部含む)
質量:約400g(本体のみ)

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://onering.asablo.jp/blog/2007/01/29/1148992/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 太陽誘電のなぞ - 2007年04月07日 02:42

さて、光学メディアの紹介もいよいよ三回目です。いい加減に終わらせたいと思います。残りは三種類です。DL DVD-R。この規格は結構新しい物で、片面二層で容量は8.5GBになります。4.7×2=9.4GBではない所がミソです。例によってDVDフォーラムの規格でフォーマットはDVD-Rと同じです。ちなみに「DL」はDouble Layer(ダブル・レイヤー=二層)の略です。「RW」の時に説明し忘れましたが、「RW」はReWritable(=再度書き込める)の略です。続いて、DVD...