【充電式乾電池価格比較】サンヨーeneloopエネループ/5連チャージャー・エコステーションセット2006年08月05日 23:30




サンヨーeneloopエネループサンヨーeneloopエネループ
充電して約1000回くり返し使えるので、1回あたりでのコストは約6円。
また、充電がきてもリサイクルできる環境に配慮した次世代電池です。
地球にも、財布にもやさしい、まさに『えこじじいの店』にうってつけの商品♪
時間経過とともにエネルギーが減少する性質(自然放電)をエネループは大幅に改善しました。
買ってすぐに使え、充電しておけば1年後でも使いたい時にすぐ使えます。
乾電池に比べパワーが長持ち。 デジカメなら約4.4倍の撮影枚数を実現しました。

三洋製デジタルカメラDSC-S4を使用。1回/20秒毎撮影、1回/3回FLASH使用、LCD常時ON、常温。(但し、使用機器、使用状況により、撮影枚数は異なります。)HR-3UTGと当社製アルカリ乾電池(LR6B)との比較。
通常の使用でのメモリー効果の影響が少ないので、電池を使った分だけ、つぎ足し充電もできます。
リモコンからデジカメまで、ご家庭でお使いのさまざまな電池機器や災害時の予備電池として、幅広くお使いいただけます。

●-10℃の低温でもパワーは長持ち。
寒い所で性能が低下してしまうのは、乾電池の構造上、仕方ないもの。エネループなら大丈夫。もちろんスキー場でも使えます。

●環境を考えて、脱塩ビ化。
青い地球をイメージした“ブルーのパッケージ”がエネループの目印です。
環境に配慮した全面脱塩ビ・単一素材化を実現。分別廃棄の手間なく廃棄が可能。

●電池パックのパッケージは開封後も保管ケースとして使用可能
詳細な仕様はコチラから

eneloop/5連チャージャー・エコステーションセットeneloop/5連チャージャー・エコステーションセット
僅かな費用で導入でき、ISO改善ポイントにも結びつきます
139万9,712円のコストダウン実現
●6,100円(税抜)=1,100円(ニッケル水素電池eneloop×2個)+4,600円(充電器NC-M58)+400円(充電の電気代0.4円/1回×1000回)
●DSC-S4使用、当社単3形電池2個使用 1回/20秒ごと撮影、1回3回FLASH使用、LCD常時ON、常温
 eneloopを1000回使用し、撮影した時の撮影枚数514枚×1000回=514,000
 514,000/117枚(アルカリ乾電池での撮影枚数)×320円(アルカリ2個)=1,405,812円
電池と充電器はすべてメーカー希望小売価格(税抜)で算出。
※JIS C 8708 2004(4.4)の条件に基づく電池寿命の目安(寿命は使用条件、機器により異なります)


5連チャージャー・エコステーションセット内容
5連充電器 NC-M555ECS 5連チャージャー本体1ヶです
エネループ用充電器 NC-M58 エネループ用充電器5ヶです
エネループ単三型電池4ヶ入りパック HR-3UTG-4BP 単三型エネループ40本です
単一型電池スペーサー2ヶ入りパック NCS-TG1-2BP 単一型スペーサー4ヶです
単二型電池スペーサー2ヶ入りパック NCS-TG2-2BP 単二型スペーサー4ヶです

エネループの「いいこと」が何倍にもなった最強マシーン !
いいこと 1・・・会社の経費を大幅削減
いいこと 2・・・ISO14001の環境影響評価のパフォーマンス向上
いいこと 3・・・電池製造エネルギー削減
いいこと 4・・・地球環境・資源保護に大幅に貢献
いいこと 5・・・産業廃棄物の削減
楽天トラベル
楽天カード

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://onering.asablo.jp/blog/2006/08/05/473767/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ チャージャー研究 - 2007年07月15日 00:11

チャージャーのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。